YASUDA-TEX BLOG

丹後ちりめん織物始祖祭

始祖の志を想う

峰山藩(現 京丹後市)の絹屋佐平治翁に遅れること2年、1722年に加悦谷(現 与謝野町)にて丹後ちりめんが完成しました。
今日はその加悦谷の始祖、木綿屋六兵衛翁274回忌、手米屋小右衛門翁、山本屋佐兵衛翁の法要を始祖祭として行いました。
来年、丹後ちりめん創業300年を迎えるにあたり、当時のご苦労がいかほどだったかと想いをめぐらせ、今後の丹後ちりめん並びに地域の発展に挑むお導きとお力をいただきました。

関連記事一覧

PAGE TOP